スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学少女

 文学少女と慟哭の巡礼者まで読了。
 もーーーすっげーおもしれー、やばい。
 美羽の願いの場面はもどかしくて目から青春エキスが……。
 お話としては元天才小説家でトラウマ持ちの文芸部員、井上心葉(高校二年生)と、その先輩で文芸部部長の本を食べる"文学少女"天野遠子(高校三年生)がメインとなって、古今東西様々な文学作品をなぞった出来事や事件に首を突っ込んだり巻き込まれたりするものです。
 前にもお勧めしたけど面白いのでぜひ読んでみてください。

 だけど慟哭の~後に出た月を孕く~を間違えて先に買ってしまったのは痛かった……。
 だって! 夏休みの話ってあったんだもの! 時系列的には買った順番でよかったんだけどさ! 特別編とかあるから短編みたいのかと思ったよ!!
 で、結局姫は誰と結婚したんだろうね。月を孕く~のラストのやつでいいんかね。
 ななせが可愛かったからどうでもいいか。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://1000noise.blog23.fc2.com/tb.php/73-2b65e6e8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

めし

Author:めし
Yeah!!(遺影)

最近の記事

ついった

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。